kuppi series

"懐かしくも、新しい"

kuppiシリーズは、「印判手」という技法で制作しています。
"potion"と"sasa"は有田の田清窯に古くから眠る印判を掘り起こし、構成や打ち方、絵の具、質感を変え、再編集し、今日的なデザインとしました。完成した柄図案を、印判屋が手彫りで印判を制作し、窯元の職人が、錆釉を付けた印判をひとつひとつ手で押して制作しています。手描きの柄図案、手彫りの、手押しの印判と3段階の手仕事により、「ばらつき」が生まれます。新規柄の"tile" "nord" "pam"は、その3段階の手仕事で生まれる「ばらつき」を活かせるよう描き起こしました。
hibiは、自然と人、焼きものの特性と手仕事によって生ずる「ばらつき」を「よし」とします。有田焼は、真っ白でつるつるの器に染め付けを施したものが一般的なイメージだと思いますが、kuppiシリーズは別の可能性を探り、古来からの技法である印判手を使用し、真っ白ではなくベージュ、つるつるではなく半マット、新しくも懐かしいものを目指しました。結果、磁器の強度や軽さを持ち、陶器のような表情豊かな器達が誕生しました。

普段使いから特別な日まで賄えるラインナップ

kuppiシリーズは普段使いから特別な日まで活躍するラインナップをご用意しました。持ち心地を考えた2サイズのお茶碗。多様に使えるサイズ感に拘った湯呑。握りやすく、スープにも使えるマグカップ。様々な用途に応える、すくい易さも考えた2サイズのプレート。他のラインナップとのセット買いでギフトにもおすすめのカトラリーレスト。器は一般的に和食器、洋食器というカテゴリーがありますが、kuppiシリーズは特にそのジャンルには拘らず、もともと和のモチーフの柄をアレンジしているお蔭でしょうか。盛り方、使い方しだいで和・洋両方に違和感無く使える多様性を目指しました。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

7商品中 1〜7商品

ブランド

224porcelain
ARITA JIKI
大日窯
藤巻窯
hibi
皓洋窯
224porcelain
ARITA JIKI
大日窯
藤巻窯
hibi
皓洋窯
  
きんしゃい有田豆皿紀行
青花
sinonome
李荘窯