sino・nome

"先々代の器をヒントに、現代の暮らしに嵌る器を目指す"

利休窯さんの窯の倉庫に無造作に積んであった古い器の山の中に、先々代が創った食器が埋もれていました。50年以上前に作られていた志野釉の器です。志野釉は当時の流行で利久さんのある黒牟田地区という窯地区では多く焼かれていたそうです。志野釉は文字通り、志野焼を思わせる「土モノ」風の釉薬で、それを磁器に吹きかけることで、磁器の強度や清潔感を保ちつつ、土モノのような風合いを表現することができます。

sino nome シリーズは、今の暮らしにも使い易い形で使い心地を意識した適度な薄さで磁器らしい上品さを持ち合わせています。素材感たっぷりの釉肌が料理を盛った時、食材をより引き立ててくれます。

経験と勘を道具に託して

sino・nomeシリーズは顔料に釉薬成分を混ぜた独自の調合による絵具を作成し、スプレー吹き技法によってムラ無く吹きかけた後、更に濃度の高い釉薬をスプレーの噴射量を調整し、あえて粒状に吹きかけることにより独特な質感を生み出しています。長年の経験により生まれる美しさです。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

12商品中 1〜12商品

?5,400(税込)以上で送料無料

ブランド

224porcelain
ARITA JIKI
大日窯
藤巻窯
hibi
皓洋窯
224porcelain
ARITA JIKI
大日窯
藤巻窯
hibi
皓洋窯
  
きんしゃい有田豆皿紀行
青花
sinonome
李荘窯