大日窯

"有田スタイルの民芸のうつわ"

有田焼といえば、華やかな晴れの器というイメージがあると思います。そんな産地に於いて、昭和33年から、有田で唯一、民芸の理念を貫いた暮らしの器を作り続けている窯が大日窯です。大日さんの器は、初代の時代から受け継がれている自家製の天然の釉薬、呉須、赤絵を使用しています。お話を聞くと、初代の方が、原料を採掘する所から行い、今でも秘伝のレシピとして受け継がれているそうです。天然の原料は、市販のものに比べ風合いも良く、味わいがあります。しかし、安定しにくく、工業製品のように同じ様にできないという難点がありますが、それこそ、焼き物の面白さであり、自然に出た風合いの魅力は、人が作り出したものでは到底敵わないと思います。そんな魅力的な絵具を用いて、描かれる絵柄は初期伊万里をベースとしていることから有田スタイルの民芸の器と言われます。
三代目の久保博志さんは、先代の拘りを受け継ぎ、しっかりと今の時代を掴み、モノづくりを行っています。工房に入ると久保さんがろくろで仕上げを行い、お母さんが一つ一つ手描きで描いている光景が目に入ります。華やかではないですが、今の時代に響く、豊かさを感じました。

おすすめ順  |  価格順  |  新着順

  • <
  • 1
  • >

18商品中 1〜18商品

?5,400(税込)以上で送料無料

ブランド

224porcelain
ARITA JIKI
大日窯
藤巻窯
hibi
皓洋窯
224porcelain
ARITA JIKI
大日窯
藤巻窯
hibi
皓洋窯
  
きんしゃい有田豆皿紀行
青花
sinonome
李荘窯